プリエで膝が前に出ないようにするには?

先日ご来店いただいたお客様から、「4番・5番でプリエをすると膝が前に出てしまう。特にグランプリエはお尻が後ろに出てしまう!」というお悩みをいただきました。


勿論、大人から始めた方です。

大人から始めた方は、最初は4番・5番のグランプリエって難しいですよね。


そもそもプリエってどうやるんでしょう?

プリエは、「曲げる」って意味ですよね?

何処を?

骨盤から下の関節。

股関節、膝関節、足関節(足首)。


でも、大人から始めた方はつい「膝を曲げる」って意識してしまいますね。


で、先ほどのお客様に、5番ポジションから骨盤を立てたまま股関節を曲げる意識でやってみてもらいました。


すると膝を外に向けたまま、綺麗にグランプリエが出来ました!


しかし、残念なことに立ち上がる時は膝が前に出てしまいました。


なので、今度は立ち上がる時に先ずは足関節を伸ばすことを意識してもらいました。


すると・・・綺麗に膝を外に向けたまま立ち上がれました。


そうなんです!意識の問題なんですね。


プリエは「膝を曲げて下がる」ではなく、「股関節を曲げることにより膝関節が曲がり、足関節も曲がる」です。

グランプリエは最後に足の指の付け根にあるMP関節も曲がります。

立ち上がる時は、反対にMP関節から順番に伸ばしてあげるだけ。


グランプリエから戻る時、よく先生から「踵をつけてから」って言われますよね?

MP関節を伸ばした状態が踵がついた状態です。


次のレッスンで是非そこを意識してプリエしてみてくださいね。





最新記事

すべて表示

幾つになっても進化出来るカラダ

毎週エクササイズにいらっしゃる60代のお客様。 レッスンで、ルルベで立った時にどうしてもグラグラしてしまう。 「筋力がないのよねぇ」とちょっと諦めモードでしたが、よく見ると足の指にググって力が入って曲がってしまう。 足指の付け根の関節(MP関節)が上手く動かない状態。自分の力で付け根から曲げようとしても、指だけが曲がってしまう。 凄く固まってしまっている感じ。 手で付け根から曲げようとすると痛みが